カーナビだけ残して車を廃車

カーナビだけ残して車を廃車

少し前は高価だったが、今はカーナビが付いている車が当たり前になった。実家の車にはついていないが(遠出をしないし、運転手が紙の地図を重視しているから、つける必要もないのだろう)友達や従姉妹の車には普通についている。

しかしこのカーナビ、

『カーナビがあって大助かり!』

『カーナビってすごく優秀ね!』

という具合に絶賛されている場面に遭遇したことが一度としてない。

廃車

以前近所の友人が運転する車によく乗せて貰っていたが、友人は自分のカーナビのアナウンスに対して、

『100メートル先、右方向デス』

『分かっとるわ!』

『50メートル先、右方向デス』

『やかましい!』

と常に苛々していた(※女性です)。それぐらいなら切ればいいんじゃないかとよく思ったものだ。他の友達も、『方向音痴だからカーナビが必要』とつけた子が多いが、

『今日はカーナビがあったからスムーズに来られた~!』

廃棄物の削減と再資源化 CSR サントリー

という話は一度も聞いたことがない。カーナビがあろうとなかろうと大概いつも迷っているし、むしろカーナビがあることで混乱が増しているような気さえする。従姉妹の旦那さんの車にもカーナビが付いていたが、カーナビより自分の記憶に頼って運転していたしな。DVDやテレビを観る以外に、どうにもカーナビが役だっていた覚えがない。

果たしてカーナビは本当に必要なのだろうか。

伊丹市ウェブサイト | 「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)について

私も決して方向を読める方ではないが、肝心なところで、

『目的地ハコノ周辺デス』

と案内を止めてしまうようなカーナビなら、スマホやケータイで出る地図で十分ではないかと思ってしまうのだった。