就職活動頑張りすぎて留年しちゃいました。

就職活動頑張りすぎて留年しちゃいました。

今、大学5年生をしています。正確に言いますと、5年目の大学生活を送っている最中だといった方が正確でしょうか。はっきり言うと留年してしまったということです。まさか自分が留年するなんて思いもしなかったのですが、就職活動によってその思いもしなかったことが現実になってしまいました。



就職活動を始めなければならなくなった時に、とにかく自分は良い企業に入社しなければならないのだということを考え、ひたすら企業へのエントリーと採用試験、企業分析という様々なことに打ちこみました。就職活動は奥が深く、一般的な採用試験の受け方から始まり、業種別・企業別の面接対応方法など、身につけるべきスキルがかなり多くありました。ですから、そのようなスキルや情報を修得することや、採用試験であちこちに飛び回るためにも学校なんか行っているヒマもなく、授業を受けることを蔑にしていました。

職業能力開発センター - 埼玉県ホームページ

きっと心のどこかで、大学は就職する為にあるものなので、就職活動のためと言えば履修すべき単位も免除してくれるのではないかと考えていたのでしょう。そんな安易な考えで足元をすくわれてしまいました。活動の結果として、内定を3社、しかもその内の1つは東証一部上場企業という好成績を上げたのにもかかわらず、大学の単位不足で卒業させてくれないというハメに。教授のところへお詫びの品を持ってどうにかして単位を履修したことにさせてくれないかと懇願しましたが、今の大学のシステム上それはできないと言われてしまい、結局のところ留年と言うことになりました。

職業安定法

せっかく就職活動の激戦に勝ち得たのに、留年でそれが全部パーなんて本当に悔やんでも悔やみきれません!