40歳過ぎて刺青を入れたことを後悔

40歳過ぎて刺青を入れたことを後悔

私は40歳を過ぎて、若いころに入れてしまった刺青を後悔しています。思えば当時、「体に彫り物を入れるなんて」と、母親に泣かれたものですが、もしかしたら、遠い未来に私が後悔するであろうことを、彼女は予感していたのかもしれません。

刺青除去 仙台

刺青を入れた当時、私は16歳で、関東圏では有名なとある暴走集団に所属していました。喧嘩っ早かった性格が買われてか、私はその集団の中で少しずつ認められるようになり、ついには特攻隊長に任命されたのです。その時は本当に嬉しかったのですが、それで調子にのったのがいけませんでした。
「ハクを付けよう!」と、知り合っていた彫り師に頼んで、背中の一部ではあるものの、般若の刺青を入れてしまったのです。暴走集団に所属しているときは、それで良くても、一般人に戻れば、こんなものは邪魔にしかならないことを、その時は考えもしませんでした。

レーザー治療センター | 診療部門のご案内 | 東京医科大学病院

それから30年近くが経過し、その間、子供も生まれましたが、私の背中の刺青が原因で海やプールに連れて行ってあげることができませんでした。その子供も大きくなり、今度は孫が生まれましたが、同じ理由で水のレジャーは一緒に行けそうにありません。

アザ|レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

こんなことなら、本当に体に彫り物などするのではなかったと、今更ながら後悔する日々を送っています。